• TOP
  • 精神科について

精神科について

精神科はどんなところ?

人は様々な理由により悩みを抱え生きていかねばなりません。その悩みによりいろんな問題が起きてくると思います。一人で解決で きることもあれば人の力を借りなければ解決できないこともあります。特に人の力を借りた方がよさそうな悩みの中に、時として“ここ ろの病”というものが隠されています。
こころの病では、不安、抑うつ、不眠、イライラ、幻覚、幻聴、妄想などが生じます。一般的に分かりづらいものもあります。また、病によ ってはいろんな専門の人の力が必要になります。私どもの精神科でも専門のスタッフがお役に立てるよう対応しております。ぜひご相 談ください

おもな症状・病名について

  • うつ病

    うつ病とは、精神的なストレスや身体的なストレスが積み重なったりと、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。
    脳がうまく機能せず、ものごとに否定的になり、悲観的で気持ちが閉ざされた状態になっています。
    無理せず専門機関に相談し、ゆっくりと休養をとることが大切です。
    〈症状〉眠れない、食欲が出ない、ずっと気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないなど

  • 双極性障害

    うつ病に似た症状ですが、しばらくふさぎこんでいたのが極端に調子がよくなって活発になる時期があるというのが特徴です。とても気分が良いため、本人には病気の自覚がないケースが多く、周りも気づきません。うつ状態では、本人も調子が悪いしそれに周囲の人も気づくため病院に行けますが、躁のときには治療を受けないことがよくあります。
    本人だけでなく、周囲の人も、日頃の様子や気分の波を見過ごさないで、躁状態に気づくことが大切です。

  • 適応障害

    ある特定の状況や出来事が、本人にとって、とても辛く感じられ、気分や行動面に症状が現れるものです。
    その症状が原因となり、会社を無断欠席したり、無謀な運転や喧嘩、物を壊すといった行動に出る場合もあります。原因となるストレスから離れることで、症状は改善しますが、様々な理由からそストレスから離れられない状況にいる場合は症状が慢性化することもあります。カウンセリングなどを続けてストレスフルな状況に適応する力をつけるというのも有効な治療法です。
    無理せず専門機関に相談し、ゆっくりと休養をとることが大切です。
    〈症状〉憂うつな気分、不安感が強くなる、涙もろくなる、過剰に心配する、神経が過敏など

  • 統合失調症

    統合失調症は、心や考えがまとまりにくくなってしまう病気です。そのため気分や行動に影響が出て、人間関係が難しくなるケースもあります。
    統合失調症には、陽性症状と陰性症状があり、陽性症状は、幻覚や妄想など、健康なときにはなかった状態が表れる症状、陰性症状は、意欲の低下・感情表現が少なくなるといった、健康なときにったものが失われる症状です。本人は気づきにくい(気づく能力が低下している状態)のため、周囲が様子に気づいたときは早めに専門機関に相談しましょう。

  • 強迫性障害

    あることがどうしても頭から離れず、ある行為をしないではいられない、といったような強迫観念と強迫行為を繰り返してしまう症状が特徴です。
    この病気は、ある種の性格だと思われがちで、顕在化しにくいですが、治療することで改善することがわかっています。「しないではいられない」「考えずにいらない」ことで、辛かったり不便をじるときには、専門機関に相談してみましょう。

  • 認知症

    脳の機能が低下して記憶や思考への影響がみられる病気です。
    症状が重くなると、憂うつ・外出をいやがる・気力がなくなった・被害妄想がある・話が通じなくなった・迷子になる・お金の計算ができなくなった、といった症状が出てきます。
    これは症状悪化のサインですので、専門機関に相談しましょう。

※その他、心的外傷後ストレス障害、パニック障害、発達障害など、様々な症状・病名があります。不安なことや困ったことがありましたら、当院にご相談ください。

精神科の治療

精神科の治療は、精神科医が薬物療法や面接を通して、人間関係の改善や社会適応能力の向上を図るための指示や助言等を行っていきます。
薬物療法と精神科医との面接に並行して、グループ活動などを行うデイケア、看護師やソーシャルワーカーがご自宅へ訪問する訪問看護指導などの特別な治療プログラムを受けることもできます。
また、症状の重さにより、入院治療もあります。薬の調整のための入院やリハビリテーションのための入院、十分な休息が必要だけど家にいては休息がとれない場合の休息のための入院など、入院治療の目的は様々です。

生きていく中で、完璧な精神状態の人は存在しません。誰でも、多かれ少なかれ心の問題を抱えています。誰でも、欠点や弱点があり、誰もが心の一部に未発達な部分を抱えています。ですから、悪条件が重なれば、誰でも精神科疾患を発病する可能性があります。精神科疾患にかかる患者さんが特別であるというわけではありません。誰でもかかる可能性がある病気です。
一人で悩まず、当院の専門医・相談員(ソーシャルワーカー)にお気軽にご相談ください。

西毛病院まずはお気軽にお電話ください

〒370-2455 群馬県富岡市神農原559-1
TEL 0274-62-3156 0274-63-8120(認知症疾患医療センター 直通)
※(月)~(金)9:00~17:00、(土)9:00~12:00 日曜・祝日は除きます。